緑内障なら一宮市のふなはし眼科へ

緑内障

緑内障について

緑内障は自覚症状がほとんどありません

緑内障は、眼圧が上昇することにより、眼の奥にある視神経が障害される病気です。
治療をしないで放っておくと視神経が障害され、見える範囲が狭くなり、やがて失明することがあります。
そうならないためにもできるだけ早期発見を行い、進行を遅らせる事が重要です。

また、自覚症状がほとんどないため、最初の正確な診断が極めて大切になってきます。
当院では、これまでの豊富な経験や最新の画像診断などを駆使して正確な診断、適正な治療を心がけています。

突然緑内障になる場合急性タイプ

急性緑内障発作といい、目のかすみ、頭痛、吐き気などの症状が現れます。
緊急で処置を行い、眼圧を下げる必要があります。
緑内障の患者さんの中でもこのタイプは少数です。

徐々に進行する緑内障の場合慢性タイプ

ほとんどの緑内障はこちらのタイプです。
症状が進行しないと自分では気がつかない場合が多いです。
いつも通り見えている、視力もおちていない、痛みもない場合でも緑内障になっている可能性があります。

治療方法

薬物療法

治療の基本となるのが点眼薬による治療で、症例により複数の薬を組み合わせることもあります。
緑内障のタイプや重症度、眼圧の高さなどに応じて処方します。
点眼薬では効果が十分に得られない場合は内服薬を用いる事もあります。
点眼や内服薬を行っても緑内障が進行する場合は手術が必要になりますが、手術は合併症のリスクもありますので、場合により総合病院、大学病院などへ紹介することがあります。

レーザー治療

急性緑内障の発作を起こした場合や、隅角検査で発作を起こす可能性が高いと診断された場合にレーザー治療を行います。
短時間で治療が完了しますので入院の必要はありません。

手術

薬物療法、レーザー治療などが無効な場合には手術療法が必要になります。
手術方法には多種類あり、場合によっては1~2週間の入院が必要となります。当院では、緑内障手術専門医に紹介し、手術を受けていただいております。

  • 白内障
  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 斜視・弱視